最近ではジェネリック医薬品がかなり増えています。ED治療薬でジェネリックだが人気な理由は、純正品に比べかなり安く購入することができるところです

多様な薬

1998年にアメリカで販売が開始されたバイアグラは、瞬く間に全世界で爆発的な話題を集めることになり、夢の治療薬としてメガトン級のヒットを記録することになりました。
日本でも臨床試験を実施しない異例のスピード審査により、1999年の3月から国内の医療機関で処方されるようになっています。
なお、それから15年が経過した2014年にバイアグラとしての成分特許は切れたために、シルデナフィルを配合したバイアグラのジェネリック医薬品の販売が国内でも可能になっています。
ちなみに初めて登場したバイアグラジェネリックの服用方法は水なしで飲めるというもので、OD錠、レモン風味とコーヒー風味の2種類を販売するというユニークな内容です。
以降、10社以上からジェネリックが提供されており、内容は非常に多様です。
ただし、主成分はいずれもバイアグラと同様のシルデナフィルで、PDE-5という加水分解酵素の活性を阻害するという作用を発揮します。
これにより、陰茎周辺部の一酸化炭素作動性神経に作用して血管を拡張し、血流の量が増加することにより、性的な刺激をきっかけとして勃起可能な状態となります。
この作用は、5時間から6時間持続するので、理論的には複数回以上のプレイをこなすことも可能です。
ただし、食事による影響を受けやすいという弱点があるので、空腹時に使用しなければならず、身体への負担はかなり大きなものとなります。
なお、元々は狭心症を改善するために研究されていた治療薬で、服用すると血圧は急激に低下します。
このために、著しい低血圧や高血圧の人、心臓に疾患のある人の服用は禁止されています。
また、顔のほてりや目の充血などの副作用が90%の割合で生じることが確認されています。

バイアグラジェネリックではカマグラが有名ですが、カベルタと呼ばれるジェネリックもおすすめです。
通常のバイアグラジェネリックだと1箱4錠入りですが、カベルタは1箱8錠入りとお得になっています。
ED改善効果もバイアグラと遜色ないので、バイアグラジェネリックのカベルタの通販情報を確認して服用してみましょう。

記事一覧

痩せる薬として注目を集めているのが、ゼニカルです。 ゼニカルは、ダイエットピルとしておよそ140か国...

薬代を少しでも安くしたいと考えた時に有効なのが、新薬ではなくジェネリック医薬品を選ぶ事です。 新薬に...

パソコンを使用している男性

「夫がED(勃起障害)になってしまった」という場合には、妻にも出来ることがあります。 大半のEDの原...

多色な薬

薬の中には、育毛や発毛を促す薬のように、一時的ではなく数カ月から1年以上の服用を考えておかなければ効...

スマホを見ている男性

ED薬は日本のみならず世界的にも人気が高い医薬品ですが、日本で購入する場合は保険適用外となるために保...

薬を飲む男性

ED治療薬には様々なものがあり、その中でも有名なのはバイアグラです。 その他にもレビトラやシアリスな...